FC2ブログ

日々の出来事

被写体に自殺の中2女子、写真コンテストが最高賞を撤回 青森、遺族は写真と氏名公表・国内・海外・政治・経済・エンターテイメント・テクノロジー・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を自分の視点で綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被写体に自殺の中2女子、写真コンテストが最高賞を撤回 青森、遺族は写真と氏名公表


『 写真コンテストを実施した青森県黒石市の「黒石よされ実行委員会」が、いったんは最高賞を内定していた作品への授賞を事実上撤回していたことが17日、分かった。いじめ被害を訴えて8月に自殺した青森市の中2女子生徒が被写体だったことが理由。遺族は同日、受賞予定だった写真を公表、氏名を葛西りまさん(13)と明らかにした。
 りまさんの父(38)は「いじめられても、笑顔だった姿をたくさんの人に見てほしい。二度といじめをしないでという娘の願いを伝えたい」と公表理由を話した。
 りまさんは、駅のホームから列車に飛び込み亡くなった。中1だった昨年6月から同級生に「死ね」などの悪口を言われるようになり、遺書には「二度としないで」と記されていた。』

被写体に自殺の中2女子、写真コンテストが最高賞を撤回 青森、遺族は写真と氏名公表

『自殺者のよされコンテスト内定取り消しまでの経緯
8/15 祭り開始  (男性の応募者が写真を撮影。たまたま立浪中2年の女子中学生が映る。)
8/20 祭り終了
8/25 立浪中2年の女子中学生が自殺
      (被写体の生徒が自殺をする。) (作品の被写体の女性が自殺者ということが分かる。)
     (コンテスト運営「遺族の公開許可が得られれば可。」)
     (遺族は作品公開を快諾)
     自殺者が映った作品を黒石市長賞に内定
10/11 団体が被写体が自殺者であることを再協議
10/13 内定取消が決まる
10/14 遺族に内定取消を説明
 写真を撮影した男性は、自殺した女子中学生とは面識はなく、亡くなる前にコンテストに応募したという。コンテストの運営団体は、一度は「遺族の了解があれば(受賞作品の被写体が自殺者でも)いい」と言いながら受賞を内定したのにもかかわらず、結果的には内定は取り消しになった。
 内定取り消しになった経緯について、コンテストの責任者や関係者は以下の様にコメントしている。
 <よされコンテスト内定取り消しに対する運営関係者のコメント>
須藤重昭・元黒石観光協会長  「写真が公になり、さまざまな臆測が出ることを懸念した」
黒石よされ名誉大会長の高樋憲・黒石市長
    「被写体がそういう方で良いのか」 「亡くなった人が被写体の作品を審査対象にするべきではない」
実行委員長の村上信吾・黒石商工会議所会頭  「市長の考えを尊重する」』

黒石よされ写真コンテストの被写体の中学生。奥羽本線で飛び込み自殺をした青森市立浪岡中2年の女子生徒だった。遺族の意に反して内定取消

「 遺族の承諾を受け、喜んでいたとのこと。それを取り消すなんて、"2度殺されてしまった"葛西りまさんが浮かばれません。市長の一言で決まってしまうコンテストなんておかしいだろうと思います。だったら、最初にわかったときに市長に伺って対応しておくべきだったと。。。。最後の最後でどんでん返しだなんて。遺族は娘の名前まで発表して抗議していることが、怒りの表れだと思います。田舎の爺は、今後、市長賞の取り消しになった作品が 世に出てくることを望んでいます。」
------------------------------------------------------------------------------------------
 追記 今年度の受賞作品発表になりました。
(第23回)2016入賞作品

「さすがに 最高賞の市長賞は受賞作品の発表がされていませんでした。別な作品を選んでも、顰蹙をかうことになりますからね。どんな作品だったのか、気になりますね。素敵な笑顔を見せてくれていた作品だった気がします。」
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。