fc2ブログ

日々の出来事

【ニューヨークモーターショー16】プリウス PHV 新型発表…デザイン差別化、EV航続60kmに・国内・海外・政治・経済・エンターテイメント・テクノロジー・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を自分の視点で綴ります。

【ニューヨークモーターショー16】プリウス PHV 新型発表…デザイン差別化、EV航続60kmに


『 トヨタ自動車は、3月23日に開幕した「ニューヨークモーターショー16」で新型『プリウスPHV』を発表した。米国では『プリウス プライム』の名で、日本と欧州では新型プリウスPHVとして、2016年秋から導入を予定している。
新型プリウスPHVは、4代目プリウスの外観をベースとしながら、フロントおよびリアには先進環境車として進化させたオリジナルデザインを採用し差別化。またリアウインドウには、2つの膨らみを持たせた新形状ガラス「ダブルバブルバックドアウインドウ」を採用。その曲面をリアスポイラー、サブウインドウまで連続させ、空力性能とエモーショナルな造形を強調している。
 プラグインハイブリッドシステムは、電池容量を拡大することで、EV走行距離を60km以上と大幅に延長。さらに従来の走行用モーターに加え、これまで発電機としてのみ使用していたモーターを走行用としても利用する、デュアルモータードライブシステムを採用。EVモード走行時の力強い走りを実現するとともに、日常使用時のモーター走行領域を拡大した。ハイブリッド燃料消費率は37km/リットル。
 装備面では、高い暖房性能を備えたガスインジェクション付ヒートポンプオートエアコンを世界初搭載。また、トヨタ初のフルHD11.6インチ大型ディスプレイを備えたナビゲーションシステムを採用し、運転中の快適性や利便性を追求するなど、多数の先進技術を織り込んだ。
 充電は、従来の家庭用電源に加え、充電ステーションでの急速充電にも対応。急速充電時は約20分で80%まで充電できる。さらに駆動用バッテリーを充電する世界初のソーラー充電システムを採用。車両天井に取り付けた太陽光パネルで充電した電力を、駐車時は駆動用電池の充電に、走行時は補機電池および補機類の電力供給補助に利用できる。』

【ニューヨークモーターショー16】プリウス PHV 新型発表…デザイン差別化、EV航続60kmに

  1031397.jpg

 「 三菱のPFEVアウトランダーを契約して契約金まで入れたのに、契約直後の某年3月末にバッテリーの不具合発生で発売中止になってしまい手に入れられませんでした。まっ、半年後ぐらいに再発売したのですけど、飽きてしまって契約解除させてもらった記憶があります。そのときのプリウスPHVは、バッテリー走行距離が20km程度だったので全く魅力はありませんでした。
 しかし、今回モデルチェンジするプリウスPHVは、バッテリー走行距離も延びフェィスなども一新して魅力的な車に仕上がっていますね。触手が動きそうで怖いのですが、軍資金がなく預貯金を食い潰している生活の現在、買えるはずがありません。

 秋に発売のようですが…、やっぱり購入は無理でしょうね。
関連記事