fc2ブログ

日々の出来事

ビーフカツ 廃棄依頼受けた産廃業者…スーパーに転売・国内・海外・政治・経済・エンターテイメント・テクノロジー・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を自分の視点で綴ります。

ビーフカツ 廃棄依頼受けた産廃業者…スーパーに転売


『 カレーチェーン店「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)は13日、異物が混入したため廃棄したはずの冷凍のビーフカツが愛知県内のスーパー2店で販売されていたと発表した。廃棄を依頼した産廃業者「ダイコー」(同県稲沢市)が転売していたという。壱番屋は愛知県と県警に連絡。県は同日、廃棄物処理法に基づきダイコーに立ち入り調査した。
 壱番屋によると、問題のビーフカツは昨年9月に製造された。最大8ミリの合成樹脂が混入している商品が発見されたため、同10月に約4万枚をダイコーに引き渡していた。しかし、今月11日に同県津島市のスーパー「Aマートアブヤス神守店」で販売されているのを壱番屋のパート従業員が発見。壱番屋はビーフカツのみを消費者向けに販売していないが、「CoCo壱番屋のビーフカツ」との広告付きで5枚1袋398円で売られており、ダイコー側も転売を認めた。同スーパーの春田店(名古屋市中川区)でも昨年12月から販売され、少なくとも計約5400枚が売られたことを確認したという。
 ダイコーは県の調査に「7000枚は堆肥(たいひ)にしたが、買いたいと申し出があり約3万3000枚を業者に転売した」と説明しているという。 一方、岐阜県は13日、ダイコーから冷凍ビーフカツを購入していたのは同県羽島市のめん類製造業「みのりフーズ」だったと発表した。愛知県からの連絡を受けて同日、同社に食品衛生法に基づき立ち入り調査した。同社の食品衛生責任者は調査に、ダイコーから購入後、愛知県内の個人1人と企業2社に転売していたことを認めた。この後、愛知県内のスーパーに渡ったとみられる。みのりフーズからは、壱番屋がビーフカツを入れてダイコーに渡した段ボールの空箱約800個が見つかった。』

ビーフカツ 廃棄依頼受けた産廃業者…スーパーに転売

 CYl3O7NUkAIrzFg.jpg  daiko-cocoichi-3.jpg  AS20160114000077_commL.jpg


「 産業廃棄物処理業者が、一般に市販されていないビーフカツ(店舗専用品)を横流ししたわけですよね。処理費用をもらっているのに、処理せずに転売したということですから、もう仕事はできずに会社自体も廃業でしょうし、損害賠償を請求されるでしょう。まっ、賠償金は支払えないまま終わってしまうと思いますけどね。
 "ダイコー"から仕入れた"めん類製造業 みのりフーズ"は、どの程度情報を知っていたのかが肝になりますね。全く知らなかったととぼけることで口裏を合わせられれば、逃げられますけどね。
 壱番屋のアルバイト(パート)店員の発見が大きいですね。同じ愛知県内でなく、関東圏とか東北などの片田舎のスーパーだったら、だれにも気づかれずに完売できただろうにね。…って、"愛知県内の個人1人と企業2社に転売していたことを認めた"をたどると、田舎のスーパーに卸していてすでに食卓にて消費済みだったりして。

 田舎の爺は、残りの28,000枚の行方が気になります。」
関連記事