fc2ブログ

日々の出来事

和歌山男児刺殺:押収のナタに血痕見当たらず・国内・海外・政治・経済・エンターテイメント・テクノロジー・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を自分の視点で綴ります。

和歌山男児刺殺:押収のナタに血痕見当たらず


『 和歌山県紀の川市後田(しれだ)の空き地で市立名手(なて)小5年、森田都史(とし)君(11)を刺殺したとして、殺人容疑で7日未明に逮捕された現場近くの無職、中村桜洲(おうしゅう)容疑者(22)の自宅から、和歌山県警は凶器とみられる剣のような形の大型ナタ3点(いずれも刃渡り約40センチ)を押収した。ナタに血痕は見当たらないといい、県警はDNA型鑑定などで詳しい調べを進める。
 中村容疑者宅は現場から約50メートル、森田君宅から約80メートル。逮捕容疑は今月5日午後4時14分ごろ、現場の空き地で刃物を使い、森田君の頭や胸などを切りつけたり刺したりして失血死させたとしている。森田君はほぼ即死状態で、刺し傷が心臓に達していた他、重い刃物を振り下ろされたとみられ頭の2カ所で骨が損傷していた。腕にも傷があり、全体で10カ所近かった。
 中村容疑者は「男の子を殺していない。見たこともない」と容疑を否認している。
 事件の前後、近所の人が、紺色作業服のような上着にジーンズ姿の中村容疑者とみられる男が空き地に出入りするのを目撃。今年1月ごろ、森田君の中学1年の兄(12)を傘を持って追い掛けるなど不審な行為があった他、よく似た男が森田君の自宅をのぞき込んでいたという情報もあり、容疑者として浮上した。県警が目撃者に確認してもらったところ、現場付近で見た若者に間違いないとの証言を得たことから逮捕に踏み切った。
 県警は逮捕後の記者会見で「早い段階から(容疑者を)絞り込んでいた」と明かしたが、中村容疑者の不審な行動を把握したのは事件後で「不審者として相談なども受けていなかった」と説明している。
 ナタ3本は中村容疑者の自室のプラスチック製衣装ケース内にあった。所有に銃刀法上の規制はないが、これほどの大型は林業や狩猟にもほとんど使われないといい、県警は入手経路などを調べる。この他、県警は、紺か黒のパーカと青いズボンなどを押収。事件現場の草むら付近からは複数の足跡も採取しており、重要な物証とみている。
 捜査本部が置かれている県警岩出署で7日、中村容疑者と接見した和歌山弁護士会の弁護士は「事件の内容について話していない。うつむいて疲れた様子だった。説明には返事をするなど受け答えは普通だった」と話した。

和歌山男児刺殺:押収のナタに血痕見当たらず

  afr1502070007-p4.jpg  image-1.jpg   PK2015020702100023_size0.jpg


「事件前後に近所の住人に目撃者がいたのに、容疑者逮捕まで1日半もかかっているのはなぜでしょうね。父親は 高野山大学教授だとか…。密教学の第一人者で、センター長も任されているらしい。そんなのも影響して慎重に勧めたのですかね。
 そういえば、ゼンリンの住宅地図には、この容疑者間自宅、自宅でなにやらやっているように記載されていますね。(日本文化セミナー和(やわらぎ)と記載あり:茶道の裏千家と華道の池坊を母親がやっているらしい) この建物の色も、なんか田舎の爺は馴染めません。」

「小学5年生児童のご冥福をお祈りします。」

   B9LHolcCYAE2bDV.jpg   0000001.jpg
関連記事