fc2ブログ

日々の出来事

家族・国内・海外・政治・経済・エンターテイメント・テクノロジー・スポーツ・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を自分の視点で綴ります。

サークルで飲酒、19歳女子大生が死亡 宇都宮大


『 20日午前3時ごろ、茨城県常陸大宮市下伊勢畑の宿泊施設で、サークルの仲間と飲酒した宇都宮市の宇都宮大1年の女子学生(19)が「息をしていない」と別の学生から119番があった。女子学生は搬送先の病院で死亡が確認された。大宮署は急性アルコール中毒の可能性もあるとみて死因を調べている。
 同署によると、女子学生は大学のバレーボールサークルの仲間28人と宿泊。19日午後7時ごろからバーベキューをし、焼酎などを飲んでいた。午前3時ごろ、雑魚寝をしていた大部屋で、男子学生が異変に気付いた。吐いた形跡があるが、一気飲みの強要は現時点で確認されていないという。
 宇都宮大によると、サークルは大学の認定団体。大学の担当者は「現在、当時の状況把握に努めている」と話した。』

サークルで飲酒、19歳女子大生が死亡 宇都宮大

  
005_2014082107151795d.jpg  001_20140821071512c9e.jpg  002.jpg


「 大学生ですか。未成年女子というのも嫌な感じです。ちょっとネットで調べてみたら、未確認ではありますが亡くなった当日が19歳の誕生日だったようです。静岡県出身で、連絡を受けた母親が急いで病院へ駆けつけて泣き崩れていたとのバカッターの報告もありました。看護士の守秘義務を守らないで娘に話してしまった母親もいけませんが、その話をツィートしてしまうのも…。
 田舎の爺にも同年代の娘がいますので、合宿とか食事会とかに参加していますけど…。ちょっと心配ですね。良識あるはずの国立4大に入学している学生のサークルでこんな事故が起きるのですからね。事故じゃなくて事件ですね。亡くなった娘の家族の気持ちを考えると…。同じような事件が起きないことを願ってやみません。ご冥福をお祈りします。」

 亡くなった女子大生のTwitterではないかと思われているページもありました。
 → https://twitter.com/painomi_18310
  
佐藤優希@パイのみ    佐藤優希@パイのみ-2

ちゃんとリードしよう


『この漫画はフィクションです。実在の人物・事件・団体とは一切関係ありません。 』

ちゃんとリードしよう

 01_201408080659321be.jpg 02_20140808065933cc8.jpg 03_20140808065935201.jpg 04_2014080806593604f.jpg


「説明はいらないですね。爺もちょっと加工させてもらいました。著作権上では問題ありですけど、引用元を明らかにしておけば…。問題ありなら削除します。」
 07.jpg

倉敷小5女児不明:連れ去り対応の携帯 壊されたか


 「岡山県倉敷市で行方不明になっている市立中庄小5年、森山咲良(さくら)さん(11)が14日夕、自宅近くで男性と話しているのを別の児童らに目撃されていたことが分かった。県警はこの目撃証言を最重要と判断。周辺の聞き込みや防犯カメラ映像の収集などを急ぐ。一方、咲良さんが持っていた携帯は、連れ去りなどに対応した防護機能を持っていたが、突然、電波が途切れた。県警は何者かが故意に電話を壊すなどした可能性もあるとみて、通信記録の分析を進める。
 県警や学校などによると、咲良さんは14日午後4時ごろ、下校した。咲良さんの自宅は学校から北東に約2キロの場所。車の男性が目撃されたのは午後4時半ごろで、咲良さんが徒歩で帰宅する時間帯と符合する。住民らによると、同級生の女子児童が14日午後4時半ごろ、咲良さんが自宅西側の路上で男性と立ち話をしているのを目撃した。咲良さんの自宅近くに住む男性によると、男性は銀色の軽自動車に乗っていたという。別の同級生の児童も同時刻、咲良さんが男性と立ち話をしているのを見た。父親によると、児童は「車の横で知らない男と立ち話をしていた。車は銀色で小型だった。咲良さんが助けを求めている様子はなかった」と話しているという。
 一方、咲良さんの携帯電話は翌15日の午前0時40〜45分ごろ、通信できなくなった。県警によると、咲良さんが持っていたのは防犯ブザー付きのGPS(全地球測位システム)端末。携帯電話会社の販売店によると、こうした携帯電話は400時間以上の待ち受け時間があるうえ、電池の残量が減ると自動的に保護者にメールを送信する機能を備えている。
また、電源ボタンでスイッチを切った場合、画面は消えるがGPSによる位置確認はできる。更に電池のふたは専用工具がないと取り外せない構造になっている。いずれの機能も、連れ去りなどに対応する備えだ。地元の携帯電話販売店員は「何の連絡もなく通信できなくなったとすると、電池切れなどではなく、電波の全く入らない場所に入って基地局との通信が途切れたか、電話を壊されるなどした可能性が高い」と話す。県警は電波が途切れた地点を重点に、17日も捜査員約100人を投入して聞き込み捜査を続ける。」

倉敷小5女児不明:連れ去り対応の携帯 壊されたか

46cd85b18dee82d684ad2319b8566cc8_12636.jpeg images.jpg


 『以前に不審車両がいたことで、ナンバーも知らせて警察にも相談していたとの情報もあります。そして、それ以後、防犯ブザー等の連れ去り防止用のこの携帯電話を持たせていたようです。待ち受け400時間の電池の蓋も開かない仕様になっていたとすれば、やはり壊されたのでしょうか。最後に電波の位置が確認できた位置が…なにかをした犯行現場なのでしょうか。
 目撃されている"銀色の軽自動車"は簡単に特定されそうですので、連れ去り犯人は、警察の捜査でみつかりそうですね。しかし、女児が抵抗もなく普通に会話ができていた連れ去り犯は、いったいどんな人物で、何が目的だったのでしょうか。女児が無事帰ってきてくれることを願っています。』

 無事帰ってきましたね。なんか不自然なところもありそうですけど…。

千葉・茂原女子高生不明、側溝捜索するも手がかりなし 情報裏付けなど捜査


『7月11日から行方不明になっている千葉県茂原市の県立岬高校園芸科3年、中川沙弥香(さやか)さん(17)について、県警は9日、最後に目撃された駅から自宅までの側溝などを捜索したが、中川さんの足取りにつながるものは見つからなかった。県警は大規模な捜索を打ち切り、今後は寄せられた情報の裏付けなどを中心に捜査を進める方針。
 県警は公開捜査から3日目となったこの日、機動隊など45人態勢で捜索を実施。捜査員らはJR本納(ほんのう)駅から自宅までの道路の側溝の蓋を外して中を確認したり、道路脇の雑草をかき分けて中川さんの所持品が残されていないかなどを確認した。
 茂原署には9日午後5時までに計約140件の情報提供があり、本納駅で最後に姿が確認された直後の7月11日午後3時半ごろ、中川さんと似た制服姿の女性が、駅と自宅の中間にある神社近くを歩いていたとする目撃情報もあった。県警は今後、情報を精査するとともに、これまで面会していない中川さんの知人から話を聞くなどして捜査を継続する。』

千葉・茂原女子高生不明、側溝捜索するも手がかりなし 情報裏付けなど捜査 

 「田舎の爺と同じ 田舎での出来事。
 みんな近所は顔見知り…。地域外の車や人は目立っていいはず。なのに 有効な証言が見つからないのはおかしいと思いませんか?
 ずばり、残念ながら
"まちがいなく …です。"」

30代妻のへそくりは、夫の2.7倍


 30代夫婦の平均へそくり額は妻約124万円、夫は約46万円。こんな結果が、オリックス銀行(東京都港区)が20歳以上の既婚男女に対して行った「へそくり」に関する調査で明らかになった。へそくりを始めたきっかけも、夫と妻で差があり、首都圏と近畿圏では、首都圏の方がへそくり額が高かった。
 「あなたが夫や妻に内緒でためているお金(預金やへそくり)はどのくらいありますか」という問いで、平均額は夫が112万815円妻が170万6845円。「配偶者に内緒でためている人」の割合は、夫64.3%、妻69.0%だった。年代別でみると、夫は、20代が約81万円、40代が約99万円だったのに対し、30代は約46万円と少なかった。50代以上は、平均額が100万円を超している。妻は年代が上がるに連れ、額も上昇。20代は、夫より少ない約80万円だが、30代、40代は120万円を超し、60歳以上は約246万円で、同じ年代の夫(約164万円)のへそくり額を大きく上回った。夫と妻のへそくり額の開きが最も大きかったのは30代で、妻は夫の3倍近かった
 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)のへそくり平均額は、夫約166万円、妻約173万円。近畿圏(大阪、京都、兵庫、奈良)では夫約93万円、妻171万円で、夫のへそくり額は「東高西低」だった。また、カードローンなど借入残高がある夫の62.9%、妻の68.8%は、へそくりをしていると回答しており、手元に残しておくお金とローンを使い分けている様子がうかがえる。
 へそくりを始めたきっかけの1位は「自分のために」(夫53.7%、妻50.6%)、3位は「子どもや孫のために」(夫18.7%、妻23.8%)だが、それ以外の順位には違いが。夫は2位が「臨時収入があった」(28.7%)、4位に「将来に不安を感じて」(17.8%)、5位に「配偶者のために」(14.6%)があがったが、妻は2位が「将来に不安を感じて」(32.3%)、4位に「結婚」(18.3%)、5位に「臨時収入があった」(15.7%)だった。

30代妻のへそくりは、夫の2.7倍

 勘違いしそうですが、誰でもへそくりが100万円とかあるのかと思っちゃいますね。貯蓄でさえ0円で全くない田舎の爺に、へそくりが100万円もあるはずないですからね…(^^ゞ
 しかし、いいなぁ~(^O^)
Copyright © 日々の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室